【前編】平均年齢22歳の映像制作会社「トウメイモード」取締役で映像作家のオカダトウイチロウインタビュー

 

立命館大学在学時から、「感覚ピエロ」「ドラマストア」「ドラマチックアラスカ」ら人気インディーズバンドのミュージックビデオの制作を手がけ、知る人ぞ知る映像作家だったオカダトウイチロウさん。

私は彼の作品のファンで、以前から動向を気にかけてはいたのですが、なんと大学卒業を待たずに仲間と東京で株式会社を設立したとのこと。

なんかめっちゃ面白そうなかほりがプンプンしてる……

これは話を聞かなければなりますまい。

前編は株式会社トウメイモード取締役のオカダトウイチロウさんとしてお話を伺いました。


オカダトウイチロウ最新監督作


トウメイモードホームページ><オカダトウイチロウ作品一覧 room1016


いつか作るのなら、今作った方がいいと思った

—株式会社設立おめでとうございます。

 

オカダトウイチロウ:ありがとうございます。

 

—普通は映像作家になろうと思ったら、フリーでやるか就職するかの二択だと思うのですが。

 

オカダトウイチロウ:就職するか悩んだんですけど、いきなりディレクターができる場所ってあまりないと思うんです。 どこも下積みが必要になってくる。

僕は作ることが好きで、すぐに作れないのが嫌だった。 作品を作ることで成長していきたいっていうのが根本にあって。

 

—それで、株式会社を起業したんですか。思い切りましたね。

 

オカダトウイチロウ:トウメイモードは2016年の3月に僕と柿原ぶんけいとの映像制作チームとしてはじまって、6月に公開された「LINE wanna be Anchors」のGood Night Mrs.Moonっていう作品を制作しました。

 

—楽器が海に浸かってるやつですよね。

 

 

オカダトウイチロウ:普通だったら、海に浸けたら楽器はダメになるので安いやつを使うんですけど、海に浸かってるのフェンダージャパンのちゃんとしたやつなんですよ。

実は中学生の時に祖父に買ってもらった僕のギターで。 トウメイモードをやるタイミングだったので、映像で食っていくぞ、俺らやってやんぞ!っていう無駄な意思表示で海に沈めました。笑

その年の三月に冗談半分で、会社を作ろうっていう話をしてたんですけど、どんどん具体的になっていって。

いつか作るのなら、今作った方がいいと思ったんです。

 

—トウイチロウさんもぶんけいさんも学生時代は(つまりは去年まで)京都で映像制作をしていたのに、東京で起業したんですね。

 

オカダトウイチロウ:東京に出るかどうかも悩んだんですが、逆にいつか東京に出るなら早い方がいいやんっていうことになって。

絶対東京の方が仕事の量も種類も多いと思ったし。

 


若いということがメリットにもデメリットにもなる

 

—東京じゃなかったら来なかったなあっていうお仕事とかありましたか?

 

オカダトウイチロウ:最近VJ(ビジュアルジョッキー)も始めたんです。

全然そういうことしてこなかったんですが、求められたので勢いで受けました。

個人的に東京ならではの仕事の受け方だなと思って。 アイドルの週1のイベントの映像演出をしています。

関西にいたら、毎週秋葉原に通うことはできなかった。

 

—MV(ミュージックビデオ)を中心に制作されていましたが、元々VJにも興味があったんでしょうか?

 

オカダトウイチロウ:そのアイドルのMVを撮りたくて営業をかけたら、VJのお仕事がきました。

スポンサーリンク

 

 

—思い切って21歳で大学時代の仲間3人と株式会社を始められたわけですが、お仕事は順調にまわっていますか?

 

オカダトウイチロウ:おかげさまで順調です。

会社は大学時代の同期のぶんけいと、後輩と僕との3人で起こしたんですが、2人には「おまえは作っとけ」と言ってもらえて。

お金のことは悩まなくても良い環境を与えてもらっています。

 

—トウメイモードメンバーの年齢が22歳と21歳というのは、お仕事を引き受ける上でのハンデにはならないですか?

 

オカダトウイチロウ:年齢が若すぎて不利なこともありますが、アドバンテージでもあると思っています。

ただ、失敗しても時間はあるぞっていう。

 

—株式会社トウメイモードとしてはどんな風に成長していきたいですか?

 

オカダトウイチロウ:現状3人なんだけど、全員最終的にやりたいことが違っていて。

3人が3人とも作りたいものを作れる会社にしていきたいです。


中編はこちら


後編はこちら


オカダトウイチロウ プロフィール

オカダトウイチロウめぐれる

映像ディレクター / カメラマン

1994年生まれ

映像制作チーム トウメイモード 所属

2013年

・立命館大学映像学部 進学

2014

・感覚ピエロ「D.B」MV にてMV監督デビュー(with kappa)

2015

・ドラマチックアラスカ「無理無理無理」MV – 監督
・ テレビ東京系『モヤモヤさまぁ〜ず2』ED

2016 (22歳)
・映像制作チーム トウメイモード 設立
・ドラマストア「エンドロール」MV – 監督
・ 関西テレビ「音エモン」 3月度「音エ〜モン」選出
・密会と耳鳴り「最低! 気分屋! 上司○○撲滅!」MV – 監督
・ 関西テレビ「音エモン」 8月度「音エ〜モン」選出
・リプトン TVCM – カメラマン


トウメイモードホームページ


オカダトウイチロウ作品一覧 room1016


 

スポンサーリンク

About めぐれる 274 Articles
京都発!めくるめくめぐりあいフリーペーパー「めぐれる」による、webマガジンです。 京都の街と人と店と音楽と映画と美味しいものやもろもろが、あちこちでまぜこぜにめぐりあいます。