鞍馬口 古書と茶房 ことばのはおと +オマケ

 

 

 

キョウメシ第4回目は「古書と茶房ことばのはおと」さんです。

 

 

 

わたしのSNSのフォロワーさんなら「よく行ってますね」とか言われそうなお店ですハイ。

 

ことばのはおとさんは以前は御所近く、地下鉄の丸太町駅と今出川駅の間くらいにあったのですが今年の夏移転されまして今回は新しい店舗です。

観光の方も多くあいかわらずの人気ぶりですが平日開店時間少し前に着いてなんとか入店できました。

 

ブックカフェなので本がたくさんあるのですがお店はご夫婦でされていてお互いの趣味スペース(鉄道&猫)がそれぞれあってそれもなかなかおもしろいです。

 

全国の招き猫がズラー!

 

そしてごはんはこちら「青春プレートごはん」1000円です。

 

 

日替わりのメインのおかず、サラダ、細かいおかずとカルピスプリン、ごはんとお味噌汁です。

ごはんものはカレーもあるのですがわたしはこのプレートごはんしか食べたことがないのです。

バランスがよくてなんか健康になれる気がする!ごはんです。

 

そしてそして人気なのがこれ。

 

スポンサーリンク

 

にゃんこパフェ 900円

 

これ、ほんとーーーーにかわいいのです。そして細かい。後ろ姿までちゃんとしてる!

そして見た目だけでなく下にスポンジとかバナナとかぎっしり入っていておいしいのです。

フルーツは季節で変わります。

 

そしてこちらもおいしいー

 

お抹茶パフェ 800円

 

こちらは抹茶アイスに抹茶カステラにわらび餅が入っていてかわいい白玉がちょっこり。

一保堂茶舗のお抹茶使用。全体的に甘すぎずにおいしいのです。

 

 

にゃんこパフェが大人気のため、パフェは1日の個数限定、1組2個まで、13時以降などの制限はありますが1巡目で入れればちょうど食後に少しゆっくりしてパフェなどいただける感じです。

くわしくはことばのはおとさんのHPやTwitterでご確認をー。

 

いつもおいしくてのんびりした時間を過ごせます、ごちそうさまです!

 

 

 

 

そして今回はちょっとオマケ。

わが家ご愛用の七味屋さん「長文屋」さんです。

 

 

 

実家が昔からここの七味を使っていてわたしも家を出てからも愛用、なくなったら買いに行きます。

ここはお店の中で調合されていて、お店に入ると胡麻や山椒のよい香りがしてごはん食べたくなります。

量も選べますし辛いのが苦手な方は辛さ控えめなどもできます。

わたしはいつも中辛の山椒多めです。

一味やカレー粉や山椒などのスパイスも売ってます。

 

 

 

ことばのはおとさんも長文屋さんも他府県から来たお友達と行くとたいてい気に入ってもらえるのです。

長文屋さんはお取り寄せ(電話注文)もできますよー!

 

 

店舗情報

古書と茶房 ことばのはおと  HP Twitter

住所  京都市上京区天神北町12-1

電話  075-414-2050

営業時間 11:30~19:00(ラストオーダー 18:00)

定休日 月曜・火曜

 

長文屋

住所 京都市北区北野下白梅町54-8

電話 075-467-0217

営業時間 10:30~18:00

定休日 水曜・木曜

 

スポンサーリンク

キョウ
About キョウ 211 Articles
めぐれるの写真&動画を撮っている人。 京都生まれ京都育ち。 猫とお酒と餃子とスパイスカレーと変な植物が好き。「マメだねぇ」とよく言われるが極度の邪魔くさがり。子供の頃の夢は「マイアミで探偵事務所を開くこと」。