【手帳拝見】第7回 あんずさんは「ジブン手帳」を愛用中です

 

手帳拝見とは

使い方のヒントが詰め込まれた、素敵な手帳の実例を集めたコーナーです

「手帳拝見(てちょうはいけん)」は、その名の通り、誰かの手帳やスケジュール帳、日記帳などを覗き見させてもらうコーナーです。

人の手帳をチラ見して、使い方のアイデアや、手帳を書く楽しさを、ご自分の生活に取り入れちゃってください。

 


本日はインスタグラムで手帳を公開されているあんずさんのジブン手帳を拝見。

現在3冊の手帳を併用しておられるそうです。

思わず目を奪われるカラフルなウィークリーページや、しっかり書き込まれた旅日記が、とても魅力的な手帳をお楽しみください。


なんでもかんでも書いているので自分の分身みたいなもの

 

—自己紹介をお願いします。

 

手帳拝見 ジブン手帳
週間バーチカルページは、かわいいイラストと文字でみっちり埋められている。何度も見返して目に楽しいページに仕上がっています。

 

あんずと申します。

東海地方在住。

自宅付近に猿やイノシシ、鹿が出没します。

いわゆる車がないと生活できない、1人に1台車を所有するようなところに住んでいます。

自宅から車で10分ほどの職場で経理や庶務などの事務職してます。

趣味はピアノを弾くこと!

出勤前、帰宅後にピアノをさわるのが日課です。

 

—あんずさんの手帳を拝見させてください。

 

手帳拝見 ジブン手帳
ジブン手帳はDIALY、LIFE、IDEAの3冊に別れているのが最大の特徴。あんずさんのIDEAページは、お出かけの思い出をたくさんの写真と一緒に詰め込んであります。

 

今使っている手帳は3冊です。

ジブン手帳Bizは家置きにしてライフログを。

フランクリンプランナー(1日1ページ)は持ち歩いてお仕事手帳。

CITTA手帳も持ち歩いて未来手帳として使ってます。

ジブン手帳は2015年からのお付き合いですが、もう手放せない存在となっています。

ジブン手帳2冊持ちしてみたいほど気に入っています!

 

—この手帳を選んだポイントは何でしょうか?

 

手帳拝見 ジブン手帳
タイムテーブルをカラーマーカーで区切ることによって、視覚的にわかりやすさが増しています。

 

ジブン手帳をネットで見た時、いろんなページがたくさんあって楽しそう!と思ったのが最初です。

書くことがもともと大好きだったので、映画リスト、本リスト、今年の目標などたくさん書けるのでテンションが上がりました。

そんな自分のことをたっぷり書ける自分取扱書みたいなコンセプトも好きでした。

ジブン手帳というネーミングにも惹かれました!

 

—手帳のお気に入りポイントを教えてください。

スポンサーリンク

 

 

手帳拝見 ジブン手帳
IDEAノートに、たっぷりと映画の感想が詰め込まれています。ジブン手帳は分冊なので、沢山書いて使い切ってしまったら、買い足すことができるので便利!

 

シンプルな構成、ペンがツルツルすべるように書くことができる紙、24時間あるバーチカル…。

それよりなによりメモであるIDEAが別冊で購入できるところです!

これなら書きたいだけ書くことができます。

いろんなテーマごと(旅日記、お金など)のIDEAを書いたりと大活躍してます。

 

—手帳の相棒があれば教えてください。

 

手帳拝見 ジブン手帳
手帳とその相棒たち。シンプルなキャメルレザーのカバーの中に、カラフルなあんずワールドが詰め込まれています。

 

文字は三菱鉛筆のユニボールシグノのブラウンブラックの0.28。

ブラックより優しい雰囲気が出るのが気に入っています。

スキマに文字を詰め込むのが好きなのでできるだけ細いペンを使ってます。

そのほかにマイルドライナーや紙用マッキー極細、色鉛筆、マステ、ふせん、デコラッシュなどもじゃんじゃん使っています。

シンプルな手帳に憧れつつ、結局カラフルなわちゃわちゃとした手帳にしてしまいます(笑)

 

—手帳はあなたにとってどんな存在ですか?

 

手帳拝見 ジブン手帳
instagramよりお写真を拝借。ましかくのフレームに手帳+ケーキとマグカップ。手帳タイムを楽しんでおられるのが伝わってきます。

 

なんでもかんでも書いているので自分の分身みたいなものです。

仕事でストレスMAX状態になったときに手帳書きまくるとストレス解消にもなるし…。

とにかく今の私には必要不可欠な存在です!


あんずさんのinstagram


あんずさんのTwitter


 

スポンサーリンク

About めぐれる 274 Articles
京都発!めくるめくめぐりあいフリーペーパー「めぐれる」による、webマガジンです。 京都の街と人と店と音楽と映画と美味しいものやもろもろが、あちこちでまぜこぜにめぐりあいます。