バンドワゴン(ツアーバンド)がモチーフ、テーマになっている人気曲、定番曲、隠れた名曲のおすすめソングリスト ベスト10

songreview
 

「バンドワゴン」っていうのは楽隊が詰め込まれた山車(だし)のことではありません。

競走馬でもなければ、フレッド・アステアが主演した古いミュージカル映画のことでもありません。

ここで言うバンドマンのツアー車のことです。

私はバンドマンのバンドワゴンモチーフの曲が好きなので、オススメ曲を集めてみました。


その1.

フラワーカンパニーズ

ハイエース

バンドワゴンに乗って日本全国津々浦々をまわりつづけているバンドフラカン。

やはり、バンドワゴンで過ごす時間が桁違いなんでしょうね。

バンドワゴンモチーフの曲が多いです。

歌詞もズバリそのもので、ドキュメンタリーみたいな内容になっています。

バンドマン、元バンドマン、ライブハウスに通う音楽好きなら、この曲を聴いたら泣きそうになるんじゃないかしら。

沁みます。

良い曲です。


その2.

D.W.ニコルズ

ローリン ローリン

打って変わって楽しげなリズムで、バンドワゴン生活を唄うかわいい人たち。

決して「売れてるバンド」じゃないけれど、音楽が好きで続けている自分を肯定している曲です。

自分たちや、音楽を続ける仲間たちへの応援歌みたいな曲。


その3.

ザ・サイクロンズ

バンドワゴンに揺れながら

軽快なリズムとは打って変わって、車でツアーを巡るバンドの過酷さが歌われています。

それでもバンドを続けるんだなあ。

それでもツアーに行くんだなあ。

しっかり歌詞を聞いた人なら、曲のラストの「ただいま」という歌詞が五臓六腑(ごぞうろっぷ)に染み渡るのではないでしょうか。


その4.

爆風スランプ(ばくふうスランプ)

THE BLUE BUS BLUES

ツアーバスに名前をつけてあり、かわいい物語仕立てになっています。

爆風スランプって音楽好きな人はあまり評価していない気がしますけど、めっちゃ良いバンドですよね?

曲も歌詞も良いし、何よりサンプラザ中野くんのハスキーな声ときばった歌い方が力強くて、良いボーカリストやなあと聴くたびに思います。

「大きな玉ねぎの下で」とか音痴な男友達がカラオケで唄ってるの聞いても泣けるくらい良い曲だし。


その5.

ワンダフルボーイズ

僕らParty in the sun

なんと!

こちらのバンドワゴンソングは、大阪から東京のライブに向かう、ワクワクする気持ちを唄っています。

おしゃれなサウンドを聴いていると、夜明けの前の街をハイエースで疾走するみたいなイメージが湧いてきます。

嘘がひとつも入ってない歌詞で、はしばしに耳に気持ち良いフレーズと、どきっとする印象的なワード。

最後は、バシッと決まるオチ。

ほんとに、サンデーカミデさんは天才やな〜。


その6.

脱兎(だっと)

オレンジ色のハイエース

脱兎は解散してしまったけれど、京都で一番かっこいいと思っていた大好きなバンドでした。

泥臭さくて不器用でストレートで…そこがまた最高なのです。

スポンサーリンク

 

音が割れて歌詞が聞き取りにくいのですが、本当に飾り気のない言葉で、実直な歌詞が紡がれていて、何度聴いてもじーんとなります。


その7.

andymori(アンディモリ)

夢見るバンドワゴン

青春グラフィティー的バンドワゴンソングです。

アコースティックサウンドにミディアムでおおらかなメロディーと、ロマンチックな歌詞で、ツアー暮らしを美しい物語として描いています。

これが彼らのラストミュージックビデオで、ラストシーンは走り去るワゴン車からのフェードアウトなので、青春の終わりみたいなのを感じて切なくなります。


その8.

花田裕之(はなだひろゆき)

あの娘にはわからない

これ、バンドワゴンソングなのか微妙なんですけど…

ピアノがご機嫌でめっちゃかっこいい曲なので、入れておきます。

バンドワゴンソングかどうか歌詞をチェックしてわかったことは、作詞が小西康陽(ピチカートファイヴの人)でした。

何の関係もないけれど、花田裕之の話をすると「真田広之?」ってしつこく聞いてくる人が結構多くてイライラします。


その9.

バズマザーズ

ハイエースの車窓から

ツアー車の窓から見える景色を眺めながら、あれこれ禅問答する様子を歌っています。

切り口がありがちなバンドワゴンソングじゃないところが良いです。

言語センスが独特で、歌詞の口触りと言い回しの面白さがある1曲です。


その10.

矢沢永吉

トラベリン・バス

矢沢で締めればええと思ってるやろってツッコミが入りそうですが…

日本一有名なバンドワゴンソングといえばこれ!

もうかっこよすぎて死ぬ。

最高すぎて死ぬ。

アメリカの地名をサビで歌い上げていく部分で毎回鳥肌がたちます。

これは、アメリカという広大な国土をバスでツアーを巡る歌なので、日本を巡るバンドワゴンソングよりも、メロディーも音も歌詞もスケールがやたら大きいところが良いんですよね〜。


youtubeで動画を見つけられませんでしたが、以下の曲もとても素敵なので是非聴いて欲しいバンドワゴンソングです。

  • ガガガSP / 東へ西へ
  • 忘れらんねえよ / バンドワゴン
  • 毛皮のマリーズ / バンドワゴン

このリストを書いた人:清水はなこ

めぐれるの文章を書いている人。 京都生まれの京都育ち。 だが、旦那が転勤になり2017年の春より東京在住。 座右の銘は「三度の飯よりロッカバラードが好き」。 趣味はセルフリノベーション。

スポンサーリンク

About めぐれる 244 Articles
京都発!めくるめくめぐりあいフリーペーパー「めぐれる」による、webマガジンです。 京都の街と人と店と音楽と映画と美味しいものやもろもろが、あちこちでまぜこぜにめぐりあいます。