【手帳拝見】第16回 クマガスキーさんは「ジブン手帳mini」を愛用中です。

 

手帳拝見とは

使い方のヒントが詰め込まれた、素敵な手帳術や手帳実例を集めたコーナーです

 

「手帳拝見(てちょうはいけん)」は、その名の通り、誰かの手帳やスケジュール帳、日記帳などを覗き見させてもらうコーナーです。

人の手帳をチラ見して、使い方のアイデアや、手帳を書く楽しさを、ご自分の生活に取り入れちゃってください。

クマガスキーさんはジブン手帳miniのウィークリーページのバーチカルスペースに、ライフログに、かわいいイラストやシールが添えてあり、まるで4コママンガを見ているような楽しさです。


急がずのんびり作っていこうと思ってます

 

—自己紹介をお願いします

 

手帳拝見 ジブン手帳
日常を書きとめたライフログも、イラストとシールと飾り文字でデコレーションするとこんなに楽しい。

 

四国に生息。

柑橘に重きを置いている、そう、あの国です。

注)一般家庭の蛇口からポンジュースは出ません。

個人的なニュースとして、約11年お付き合いをしていた相棒と文化の日に入籍をしました。

変わり者のAB型の義理の弟からは「同じニオイがする…」とAB型だと決めつけられていますが、完全なるA型です。

基本的に平和主義です。

「みんな違って、みんなイイ」がモットーです。

 

—クマガスキーさんの手帳を拝見させてください。

 

手帳拝見 ジブン手帳
ジブン手帳miniのホワイトカバーをお使いです。

 

ジブン手帳miniを使っています。

DIARY、LIFE、IDEAの3部あり、書く事や残す事がスキな人は楽しめる手帳です。

DIARYの中のマンスリーには、月々のお金の流れなどを書き込んでいます。(あまりにリアルなので載せられません)

ウィークリーにはその日の出来事や思った事を…。

忘れやすいお年頃なので見返すのが日課です。

カメラが趣味なのでこれからはIDEAも上手に活用していきたいですね。

ジブン手帳は一生使える手帳らしいのでLIFEは急がずのんびり作っていこうと思ってます、ハイ。

 

—ジブン手帳をはじめたきっかけは、何かありましたか?

 

手帳拝見 ジブン手帳
ウィークリーページをアップで。ペンを多色使いしているにも関わらず、黄色系の色調で揃っているのでごちゃつきません。

 

ジブン手帳という存在を知らなかったのですが、フラっと立ち寄ったお店に特設コーナーが出来ていて「そんな人気な手帳ってどんなもんや…」と思って調べ「楽しそう」と思ったのが最初のキッカケです。

スポンサーリンク

 

無駄なラクガキがスキなのと、結婚するのでお金の管理や日々の記録をきちんとしようと思って購入を決めました。

 

—お気に入りポイントがあれば教えてください。

 

ただただワクワクする手帳です。

人生のやりたい100のリストや、心に刻まれるコトバなど、誰もがふんわり頭の中でワクワクしながら考えた事があるようなモノをカタチとして残せるのがイイな~と思ってます。

一生使えるので「急いで書き埋めなきゃ!」と焦る必要がなく、結局書けず、もう新しい手帳を買う季節だぁ~とならないのがイイですっ。

 

—手帳の相棒があれば教えてください。

 

手帳拝見 ジブン手帳
細かい部分も上手に消せる細い修正テープと、ハサミでカットする必要がないタイプのマスキングテープ。

 

手帳の相棒は私の右手です(キリッ)と言えたらカッコイイんですけどね。

ペンはスタイルフィットのブラック系3本と、イエロー系の3本を。

あと、空白を埋めるのにマスキングテープには助けられてます。

今まで「マスキングテープを買う」という概念がなかったのですが、少しハマってしまいそうです///

細かい方眼サイズに合うように、MONOの2.5mm幅の修正テープは地味にめっちゃ気に入ってます。

 

—手帳はあなたにとってどんな存在ですか?

 

手帳拝見 ジブン手帳
自分と旦那さまが主役の、日常生活を描いた4コママンガのよう。

 

完全に、自分の脳内ですね。

文字通り、ジブン手帳です。

描き始めて改めて1週間って早いなーと感じてますが、記憶だけではどうしても忘れがちな事や気持ちやTODOを、その日のその時で記録できて、見返せて後でクスッと笑える存在です。

夫も私の手帳を楽しみにしているようです、手帳って普通は誰かに見せたりしないモノなんでしょうけどね。笑


クマガスキーさんのTwitter


クマガスキーさんのinstagram(写真アカウントです@pohnyas)


 

スポンサーリンク

About めぐれる 282 Articles
京都発!めくるめくめぐりあいフリーペーパー「めぐれる」による、webマガジンです。 京都の街と人と店と音楽と映画と美味しいものやもろもろが、あちこちでまぜこぜにめぐりあいます。