祝!開店1周年!!京都のレンタサイクル「えむじか祇園店」タカダスマイル店長インタビュー

 

観光都市京都。

電車の乗り換えがスムーズじゃなかったり、都心部は車が渋滞していたりするっていうのもありますが、何よりも京都は自転車でまわるのに程よいサイズ感の街なのです。

1時間も走れば、京都市内を横断できてしまいます。

なので京都にはたくさんのレンタサイクル店があり、観光客の人々は自転車に乗って京都のあちこちをめぐるのです。

数多のレンタサイクルショップの中で異彩を放つのが、京都の出町と祇園に店舗を持つレンタサイクルショップ「えむじか」。

もともと四条河原町にあった店舗が閉店し、祇園店として生まれ変わってから3月で1周年ということで、店長のタカダスマイルさん(めぐれるで「タカダスマイルのお好み相談室」を好評連載中)にお話を伺いました。

京都のレンタサイクルえむじか祇園店タカダスマイル店長


えむじか祇園店はレンタサイクルとCD、レコードの販売をしている謎の店

 

—えむじか祇園店は他のレンタサイクルと一線を画しているということですが。

 

そうですね。

えむじか祇園店は、レンタサイクル店ながらも、CD販売にも力を入れています。

 

—祇園に移転する前のお店(四条河原町店)でも、壁面のディスプレイ棚みたいなところに、インディーズアーティストの自主制作盤がならんでましたよね?

その延長線上っていう感じでしょうか?

 

そうですね、あのコーナーを更に拡大し取り扱うミュージシャンの数も増えました。

それに京都のミュージシャンだけでなく、地方のミュージシャンからの委託も増えて、あと中古レコードも販売するようになっています。

 

京都のレンタサイクルえむじか祇園店 CDコーナー

 

—どうして、祇園店になってから音楽にそんなに力を入れ始めたんでしょうか?

 

単純に店が広くなったっていう(笑)のと、僕が店長として立ち上げた店というのも大きいですね。

もともと、CDの販売をもっとやりたかったっていうのもあったし移転に際して、コーナーを大きく取りました。

あと、お客さんの流れが祇園界隈はゆったりしてるように感じます。

四条河原町店はドタバタしていて、それも賑やかで楽しかったんだけど。

ゲストハウスからどっとお客さんが来て、並んで待ってるから、あくせく自転車を渡して…みたいな流れの中で、CDが置いてあっても、聴いてみたいっていう感じにはならなかったけど、祇園だともうちょっとじっくり店内で過ごせる空気が流れてる。

宮川町という土地柄もあるんでしょうね。

 

—レンタサイクルショップでCD売ってるってあんまり聞いたことないですよね。

やっぱり、タカスマ(タカダスマイル)さんが、弾き語りで音楽活動をしているからですか?

 

<※このMVのロケに「レンタサイクルえむじか四条河原町店」が使われています。>

<※四条河原町店は2017年6月に閉店>

 

元々、僕が働く前からえむじかはミュージシャンがたくさん働いている店で。

スタッフは全員で20人くらいなんやけど、そのうちの半分くらいがミュージシャンです。

元スタッフだと、ムーズムズのドラムのふぐちんや、元 THEロック大臣ズのたなかけんすけもいたし、現役スタッフだと台風クラブの石塚に、Crispy Camera Clubのミサトと立花くんに、YOOKs の清水くん、Special Favorite Musicの古川くんとか。

 

 

—音楽とのつながりが強いお店なんですね。

 

下鴨警察署の交通安全キャンペーンのテーマ曲を、えむじかのスタッフが作曲と音源を担当したり、音楽を通して地域とのつながりもあります。

左京区発、反面教師自転車アイドル「ちりりん娘」

メンバーは けい・しゃおりん・りょうの3人。3人の頭文字を合わせると「軽車両」

 

—レンタサイクル店に楽曲制作のオファーが来るっていうことは、街の人たちも、「えむじか」というお店はミュージシャンがいっぱい働いている、レンタサイクルショップだということを認識してるということですもんね。

 

オーナーの留さんも、元々「ちぇるしぃ」っていうバンドをしていた人だしJOYFUL RECORDっていうレーベルもやってますし。

2016年は「台風クラブ/ついのすみか、タカダスマイル/かくれんぼ」スプリット7インチ、タカダスマイル/ぼくのちっぽけなロックンロールを発売し、2017年にはTHEロック大臣ズ/PIECE OF WONDER、V.A/CYCLE&MUSIC3も発売しました。

2016年の夏くらいからもCDの通販サイトもはじめて、徐々に売れるようになってきてます。

 

—レンタサイクルと音楽って、妙な組み合わせな気がするかもしれないですけど、京都ではじわじわ浸透していってるんですね。


海外の人にとって、売れてる売れてないは関係ないんやなって

 

—レンタサイクルってお客さんはやっぱり、海外の人が多いんですか?

 

そうですね8割強は海外からの観光客の方です。

スポンサーリンク

 

 

京都のレンタサイクルえむじか祇園店 英語で書かれた看板

 

—ということは、海外の方が、日本のインディーズミュージシャンのCDを買っているんですか?

 

そうなんです。

海外のお客さんは、日本の音楽に興味があって、CDを置いてるとすごい質問してきてくれて。

で、試聴してくれて買って帰ってくれることも多いです。

 

—へえ〜

 

海外の人は感覚がオープンだと思いますね。

日本のローカルミュージシャンの音源でも、自分がいいなって思ったら買ってくれるし。

日本のお客さんは、残念ながらアマチュアミュージシャンのCDって見向きもしない人がほとんどなんだけど。

 

—レンタサイクルショップ以外でも、そうですよね。

知らないアーティストの音源に興味があるのって、日本だとよっぽど音楽が好きな人だけって感じかなぁ。

 

海外の人にとって、売れてる売れてないは関係ないんやなって強く思いました。

そういうとこも、国民性なのかな?と、感じました。

 

—えむじか祇園店の売れ筋のタイトルとかってありますか?

 

Pirates Canoeとか松ノ葉楽団とか、ちょっとルーツミュージックっぽいのが好きな人は多いですね。

<※このMVのロケにはレンタサイクルえむじか関連施設のナミイタアレが使われました。>

 

ルーツミュージックに対する感覚が日本とは違うんやな〜と思います。

目線が日本人と違う。

愛があるというか。

日本だと一部の音楽好きのためのジャンルっていう感じやと思うんやけど、海外の人にとってはおじいちゃんの代からずっと聴いてる昔から聴いてる音楽な訳で。

童謡や子守歌に近いというか、「みんなのうた」を買う感じで買って帰ってくれてる感じがします。

 

—へえ〜

 

あとは、アニメっぽいジャケットは反応が良いと思います。

ゆ~すほすてるっていうバンドなんですけど。

 

—日本的な感じがするんでしょうね。

 

ジャパニメーションと繋がるんでしょうね。

あと、この音源はSpotifyIにはないのか?ってよく聴かれます。

海外はやっぱり、CDよりも配信が主流なのかなぁとか最近強く思います。

 

—まだCDが売れてるのは、日本だけとか言いますもんね。


普通に流通させてるだけじゃ届かないところまで、音楽が行くっていうのは、すごいこと

—レンタサイクル えむじか祇園店で働いていて感じる醍醐味みたいなのがあれば教えてください。

 

おもしろいなと思ってるのは、レンタサイクル店なのに、音楽を扱うことによって、お客さんとの会話が弾むこと。

アマチュアのミュージシャンの音楽を、ここから海外に発信することができるっていうのはいいなって思います。

 

 

 

—いいですね。

 

音楽を売ったりお客さんに自転車を貸していると、海外をめっちゃ近くに感じることができる仕事です。

音楽で海外に行くって選ばれた人っていうイメージがあるけど、実際はもっと近くにあるのかもと思うんです。

海外の人は僕たちが思っているよりフラットな感覚で音楽を受け入れてくれているというか。

 

—うんうん。

 

えむじか四条河原町店の頃、中国から来た夫婦がタカダスマイルのCDを買ってくれて。

その人たちが夜に店に戻ってきて、ホテルに帰って聴いたらすごく良かったので、同じCDをあと10枚欲しいって言ってくれたんです。

その時は店に在庫がなかったので、明日持ってくるねって言ったんだけど、たまたま明日がライブだったので、もし良かったら来てっていったら、最後の曲あたりにタクシーで駆けつけてくれたことがあって。

 

—いい話ですね。

 

いい話でしょ?

音楽が、海外の人とつなげてくれてるんですよね。

そのアーティストについて、何も知らん人が、音源を買って帰るっていうのは、ドラマチックやなと思うし、普通に流通させてるだけじゃ届かないところまで、音楽が行くっていうのは、やっぱりすごいことだなって思います。

京都のレンタサイクルえむじか祇園店 店頭


レンタサイクルえむじか祇園店からのお知らせ

【祇園店1周年記念イベント開催】

▽日時 3/25(日)20時スタート

▽場所 バリバリインドネシア

▽出演タカダスマイル/ ケンチョリ(元スタッフたなかけんすけ&現バイトリーダー服部)

※アコースティックライブになります。

入場料/無料(出演者にお祝い頂けたら嬉しいです)

※要1オーダー


レンタサイクルえむじかホームページ


CD通販「JOYFUL RECORD」

スポンサーリンク

About めぐれる 281 Articles
京都発!めくるめくめぐりあいフリーペーパー「めぐれる」による、webマガジンです。 京都の街と人と店と音楽と映画と美味しいものやもろもろが、あちこちでまぜこぜにめぐりあいます。