【めぐれる新年特別企画】「2017年の10曲」たなかけんすけ編

 

今までめぐれるに関わってくれた人や、これからめぐれるといろいろおもしろいことしてくれる人に「2017年の3曲」を教えてもらいました。

中には3曲ない人や、3曲以上ある人もいますが、どれもその人の好みが出ている面白いソングリストとなっています。

ぜひぜひご覧ください。

今日は元THEロック大臣ズのたなけんことたなかけんすけの登場だ〜

2017年にバンド解散後、ソロでもりもりライブ活動をして、アルバムまで出しちゃった。

2018年新バンド誕生なるか!?

今後のたなけんに期待!!


その1.

Bon Iver

Skinny love

2017年の半分はこの人の曲を聴いて過ごしたんじゃないかってくらいハマってしまいました。

特に1st「For Emma,Forever Ago」は何度も聴いたし、聴いていない時も体中に流れていました。


その2.

Alex Lahey

Every Day’s Weekend

オーストラリアの女性SSW。

ラジオで聴いてすぐ好きになりました。

見た目はさえないガールですが(失礼)、そういうところも好きです。ライナーノーツによると、彼女の部屋にはラモーンズのポスターが貼ってあるんだとか。

大学でジャズを学んだものの落ちこぼれてギターロックに目覚めたんだとか。

最高じゃないですかあ。


その3.

荒井由実

生まれた街で

秋口に突如、熱に浮かされたように荒井由実ばかり聴きだし、職場でも「MISSLIM」ばかりかけていたため、職場のみんなから煙たがられました。

楽譜を買って1日1曲コピーしたりもしたなあ。

軽やかなイントロから「いつもの挨拶なら どうぞしないで〜♪」この1行目でやられちゃいます。


その4.

The Dammned

Neat Neat Neat

立誠小学校で映画「地獄に堕ちた野郎ども」を観てからしばらくはダムド漬けでした。

パンフレットも買いました。キャプテン・センシブルはもちろん、デイヴ・ヴァニアンが好きになりました。

何を置いても、バンドって最高!


その5.

GEZAN

優陽

<動画がないので別曲をば>

全感覚祭のトリ、主催のGEZANを観に集まったたくさんのお客さんの中に僕もいました。

この曲は初披露だったのか、他の曲では体を揺らしたり、モッシュしたり、ダイブしたりしてたお客さんが、じっとステージを見つめながら耳を傾けていて、そんな光景が異様で、曲のよさも相まり鮮明に脳裏に焼き付いてます。


その6.

Davey Graham

Cocaine

僕が大好きなニック・ドレイク。

ニック・ドレイクが大好きなバート・ヤンシュ。

スポンサーリンク

 

バート・ヤンシュが大好きなデイヴィー・グレアム。

そんな感じで辿り着きました。音楽掘るの楽しいです。


その7.

andymori

everything is my guitar

andymoriは今年ハマりました。

遅いです。

すません。

僕はリバティーンズ大好きなんですが、和製リバティーンズと呼ばれていた彼らを敬遠してたところがありました。

すません。

ちゃんと聴けば分かります。

リバティーンズとは違います。

すません。

この曲が特にってわけじゃなく、どの曲も好きです。

チャリこぎながら大声で歌ってます。


その8.

病気マサノリ

beautiful live house

暗い会場の片隅にポツンと座って、ビールを飲みながら病気さんのこの歌を聴いてました。

何故か「いつか声が枯れてしまっても歌っててほしい」と切に思いました。

それと同時に「いつか声が枯れてしまっても歌っていよう」とそっと決意しました。

ふとした時にやられます、病気さんの歌には。


その9.

Jackson Browne

Late For The Sky

昔、何かで読んだ。Late For The Skyてのは直訳すると「空に遅れている」って意味だと。

この曲の場合、空といっても夜明け前から朝にかけての空のことだと。

白んでいく空に対して、自分の気持ちがまだ追いかない「まだそんなに明るい気持ちになれないよ」と、そんな気持ちのことを歌っているのだと。

うん、ジャクソン、生きてれば何度か、そんな夜明けがあるもんなあ。


その10.

フラワーカンパニーズ

哀愁生活

歌詞中「楽しい時はいつでも不安になっていた 寂しいぐらいがいつでも居心地良かった」「幸せな時はいつでも後ろめたかった 悲しい出来事を心のどっかで待っていた」とあります。

ほんとそうだなあ。いつからか楽しいことや幸せなことを手放しで受け止められない自分がいます。

サビで「嗚呼どこへいこう 何も知らない子供の顔で」と続くこの曲。

シングルカットされるわけでもなく、ライブの定番曲でもなく、「脳内百景」ってアルバムの7曲目にそっと収録されています。

何度も背中押してもらいました。


このリストを書いた人:たなかけんすけ

新しい歌を歌っています。


たなかけんすけTwitter


 

スポンサーリンク

About めぐれる 280 Articles
京都発!めくるめくめぐりあいフリーペーパー「めぐれる」による、webマガジンです。 京都の街と人と店と音楽と映画と美味しいものやもろもろが、あちこちでまぜこぜにめぐりあいます。