【めぐれる新年特別企画】「2017年の3曲」杉浦巧実(mama fu-fuh)編

 

今までめぐれるに関わってくれた人や、これからめぐれるといろいろおもしろいことしてくれる人に「2017年の3曲」を教えてもらいました。

中には3曲ない人や、3曲以上ある人もいますが、どれもその人の好みが出ている面白いソングリストとなっています。

ぜひぜひご覧ください。

 

本日は先日某打ち上げでキョウと知り合い意気投合した元ライブハウス店員であり「mama fu-fuh」のギタリスト杉浦巧実さん。

なかなかウィットに飛んだ3曲を紹介していただきました〜!

 

 


このソングリストを書いた人:杉浦巧実(mama fu-fuh)

2015年結成。前田慧(Vo/Gt)、杉浦巧実(Gt)、小林翔平(Ba)から成る東洋の3人組ロックバンド。

mama fu-fuh

 


その1.

I Am Robot And Proud

Center Cities

 

去年はエレクトロニカというジャンルを右から左へ沢山聴き流しました。

その中でも特にピンときたのがこの曲。

カナダ出身在住のショウハン・リームという人の1人プロジェクトです。

ちょうど寒くなってきた時期にあったかい部屋で聴いたのが気分的にバチッとハマったんでしょうね。

使ってる音の可愛さや柔らかさは、聴いていてホッコリします。

徐々に音数を増やしていく、出し惜しみのような展開もニクい。

 

その2.

1994!

KING KONG STOMPIN MAN

のっけからスゴい画になってると思いますがずっとこのままです!

アメリカはペンシルベニア州出身の2人組ロックバンド。

スポンサーリンク

 

パンクですが、結構細かいフレーズを弾き倒しているのがとてもツボです。

音もローファイ気味で演奏自体もラフなのですが、叫びながらこのフレーズを弾くのはなかなかの離れ業かもしれません。本人は意外と繊細なヤツなのかもしれませんね。

ライブ映像はパンクやメロコアのそれですので、気になる方は是非チェックしてみてください。

 

その3.

覚和歌子

夕焼けは星空のはじまり

 

作曲は丸尾めぐみさんで、作詞が覚和歌子さんの作品。

『ヤーチャイカ』という写真映画で使われていたりもします。

歌詞もメロディも素晴らしいのですが、何より覚和歌子さんの淡々と歌うところが大好きで選びました。

ただ歌うという感じですので、あまり気持ちが込められていない印象がありますが、その分聴き手が能動的に色々考えてしまい、聴かれて初めて完成するような曲です。

因に覚和歌子さんは、『千と千尋の神隠し』の主題歌「いつもなんどでも」の作詞でも有名ですね。

 


mama fu-fuhのスケジュール

23()

SETSUBUN BATTLE」@二条GLOWRY

ドッグフード買い太郎BAND / Gue / アフターアワーズ / つくね大戦争 / Funny Funk Fish / mama fu-fuh

op16:30/st17:00

 

218()

ULTRA CUB presentsDANCE SCHOOL Vol.3@木屋町DEWEY

ULTRA CUB / Burgundy / 恋する感覚 /mama fu-fuh

op18:00/st18:30


mama fu-fuh Twitter


 

スポンサーリンク

About めぐれる 186 Articles
京都発!めくるめくめぐりあいフリーペーパー「めぐれる」による、webマガジンです。 京都の街と人と店と音楽と映画と美味しいものやもろもろが、あちこちでまぜこぜにめぐりあいます。