我が家の毛むくじゃら家族、おばけちゃん(ネコ)のこと

おおきなはなこさん
 

キョウさん家の毛むくじゃら家族、元捨て猫の「たぬぅ」と「クロネコ」との出会いをブログに書いていて、大反響だったのですが、うちの毛むくじゃら家族の「おばけちゃん」は別の意味でひどい話なので書いてみようかな〜。

意識低い系の見本みたいな話です。

 

今や私のねこ。冬場は毎晩同じお布団で寝ます。

 

おばけちゃんは旦那の連れ子のノルウェージャンフォレストキャットの女の子です。

おばけちゃんは、おっとりどっしり系女子でだっこ大好き、ブラッシングしてもらうのが大好きな甘えん坊で、日夜猫かわいがりしております。

元々おばけちゃんは、旦那がネットでブリーダーにメールして、駅で待ち合わせして現金と猫を交換するという、聞いてびっくりのシステムでお迎えしたそうです。

旦那の性格から予想するに、テレビでノルウェージャンフォレストキャットの特集みたいなのをしていて、欲しくなってネットで検索して、適当に上の方に表示されたブリーダーのホームページをいくつかみて、値段が安いところから購入したんやろうなぁと。

ブリーダーさんのところに会いにいくとか、写真を見せてもらうとかもなく、メス猫を指定して向こうが選んで持ってきたとのこと。

で、家に連れて帰ってしばらくして、おばけちゃんの様子がおかしいことに気づいたそうです。

頭が傾いていると。

動物病院に連れて行くと、耳のところに腫瘍があり、取り除くための手術が必要と言われ、ブリーダーにその旨連絡すると、「別の猫に交換します」という返事。

旦那は、この子を他の猫と取り替えたら、ブリーダーさんは手術してくれないということを悟り、交換せずに手術を受けさせたそうです。

「安かったし買ったのに、手術代30万もしたねん」と旦那は笑い話のように聞かせてくれたのですが、私からしたら全然笑えない。

ブリーダーさん、わざとじゃない?

いらない病気の猫を売り払ったんじゃないかと。

スポンサーリンク

 

旦那のことを、ブリーダーさんの自宅に行くこともしない、「ほしい猫種で安いのを買う」っていう感覚の、意識の低いお客ということで、完全に舐めてだのだろうと。

 

旦那はたまに「おばけちゃんには血統書はないけれど、両親は血統書付きで、おかあさんだか、おばあちゃんだかは、何かのチャンピオンらしくて、良い血統の子なんだよ〜」と、誇らしげに言ってました。

メールで両親は血統書付きですよ、ただ、この子は血統書発行しない分お安くしておきますよとうまいこと言いくるめて、駅で待ち合わせて、いらない病気の猫を現金と交換したんやろな〜。

 

こないだ推理を話したら、「ほんまや!そうかもしれん…」みたいにしょんぼりしています。

気がつかないあたり、心が美しいのか、深く考えないタチなのか…

 

チャンピオン猫を交配させて、たくさん産ませて、価値のある一握りの猫を育てるために、価値のない多数の猫(キャットショーに向かない猫や病気の猫)は、安くで現金化してるんやろな〜。

たまに噂で聞く、良い純血種を育てるための闇みたいな話が、意外と身近にあってびっくりですよもう。

 

これは私の妄想の話です。

旦那はそのブリーダーの名前も覚えてないらしく、真実はわかりません。

世の中に良いブリーダーさんもいれば、そうでないブリーダーさんもいる。

ただ、良いブリーダーの人は、両親は純血種ですという話だけして血統書のない猫を、最寄り駅で現金と交換することはないやろな〜とは思います。

 

 

テレビのペット番組で「今○○が流行っています〜」「赤ちゃんはやんちゃでかわいいです」「お世話の手間もかからずおとなしい種です」「エサ代も少なく経済的」みたいな、流行りのブランドものの洋服を買うようにペットを手に入れることを促す内容のものが多いと、動物は簡単に飼えるという意識や、動物はペットショップやブリーダーから買うものという知識が刷り込まれてしまい、ペットビジネスの渦に巻き込まれていくのだなぁ。

そんな感覚の飼い主さんばかりなら、ブリーダーの乱繁殖もなくならないし、ペットリテラシーは絶対上がらないよね。

 

毛むくじゃら家族のために、保護活動をしたり、里親探しの譲渡会をしたりしている人が、旦那の周りに1人でもいたら「安くでブランド猫を買おう」と思わなかったのではないかしら?

知ることって大事だなぁ、考えることって大事だなぁ、向き合うことって大事だなぁと。

これからは夫婦で、毛むくじゃら家族との向き合い方を、考えていければと思います。

以上うちのおばけちゃん(ネコ)の話でした。

 

 

スポンサーリンク

清水はなこ
About 清水はなこ 28 Articles
めぐれるの文章を書いている人。 京都生まれの京都育ち。 だが、旦那が転勤になり2017年の春より東京在住。 座右の銘は「三度の飯よりロッカバラードが好き」。 趣味はセルフリノベーション。