【中編】「高木まひことシェキナベイベーズ」5年ぶりのニューアルバム「S」発売記念、高木まひこによる全曲紹介

高木まひことシェキナベイベーズインタビュー
 

三夜連続特集の第二夜です。

昨日のインタビューを読んでいない方はまずはこちらからどうぞ。

【前編】「高木まひことシェキナベイベーズ」
5年ぶりのニューアルバム「S」発売記念、高木まひこインタビュー

高木まひことシェキナベイベーズのニューアルバムの「S」には、素敵なナンバーが13曲入っています。

先入観なしで聴いてももちろん素敵なのですが、せっかくなので1曲ずつ曲作り秘話や裏話を伺いました。

本日は1曲目から6曲目まで分を掲載します。

(写真撮影:牧野裕也/STUDIO DAY-PASS)


1.チャックベリーと対バンしたい 作詞・作曲:高木まひこ

 

—結構前からやってる印象です。ライブで定番の曲ですよね。

 

高木まひこ:そうそう、結構前からライブではやってる曲です。

2013年くらいに作った。

2011年に東日本大震災があってから、曲が全く書けなくなってて。

自信を完全に失ってしまって、無力感でいっぱいだった。

そこで、いちロック好きな青年に戻って、チャックベリーと対バンしたいなっていう気持ちで書いた曲です。

誰かの役に立ちたいとか、誰かを励ましたいとかじゃなくて、半径30センチ以内の自分のことを歌った曲。

俺は今こう思うっていうのを書いた。

この曲を書いたおかげで、すごい救われたと思います。

この曲を歌うたびに、自分が元気になっていくのを感じる。

またロックンロールに救われたなって。

 

—チャックベリー亡くなってしまいましたね。

 

高木まひこ:チャックベリーが生きている間は、本気で対バンしたいなと思っていたんだけど。

チャックベリーが亡くなった日が、去年の西院フェスで、ライブ中に「チャックベリー!」って叫んだのを覚えてます。

 


2.ずっとハッピー 作詞・作曲:高木まひこ

 

—カントリー&ウエスタンっぽい曲で、聴いていて本当にハッピーな気分になります。

 

高木まひこ:これは完全に新曲で、アルバム用に作りました。

2018年のシェキナはこう行こう!みたいな、新しい感じを出したくて。

作ったのは2017年なんですけど、ここから先は明るく前のめりに行きたいな、というのがあって。

全肯定ソングなんですよ。

起こることは、全部最高っていうのが僕のモットーとしてある。

嫌なことが起こっても、未来につながっていくための必要な事なんだっていう、結局全部ハッピーエンドにつながっていくんだよっていう内容です。

 

—歌詞もポジティブで、メロディーも明るくて楽しいし、サウンドがとってもキラキラしてます。

 

高木まひこ:バンド演奏プラス、伊東ミキオさんのピアノと、ホーンセクション3管が入っています。

ソウルのホーンセクションな感じで、明るい曲に仕上がりました。

「ザ・2018年のシェキナはこれ!」っていう感じかな。

このアルバムの中の、推し曲のひとつです。


3.Addicted to you 作詞・作曲:高木まひこ

 

—2曲目の「ずっとハッピー」から良い流れで、ご機嫌なナンバーが続くんですね。

 

高木まひこ:この曲は、ソウルナンバーです。

フィフティーズ、シックスティーズ感を出したかった。

 

—うんうん、オールディーズの懐かしい感じが出てます。

 

高木まひこ:そこだけだと、ただのオマージュになってしまうので、雰囲気は残しつつシェキナらしさを出せたらと思って作りました。

フィフティーズを、日本語でシェキナ風に書きたいいうのが、ずっとあって。

 

—聴いてると楽しくてニコニコしちゃう。

 

高木まひこ:レコーディングではホーンセクションも入ってくれて、うまくイメージした通りの曲になったと思います。

 

高木まひことシェキナベイベーズインタビュー

 


4.始発列車 作詞:高木まひこ 作曲:酒井ヒロキ

 

—先行でMV (ミュージックビデオ)が公開された曲ですね。しっとりとしたバラードで、アコースティックギターとまひこくんの声が沁みます。

 

高木まひこ:そうそう今のところ「S」で、唯一のMVがある曲です。

一番の推し曲。

まひこアンドヒロキの共作。

このタッグは、昔からもよく作ってます。

 

—そうなんですね。

 

高木まひこ:お互いの良いところが溶け合って、あまりぶつかり合うことなく、完成しました。

歌詞とか、一緒に長いこと悩んだんですけど、本当に名曲になりました。

シェキナに明るい印象を持ってる人には、シェキナはこういうバラードもやるんだって、意外に思われるかも。

 

—私からしたら、すごいシェキナらしい曲っていう気がします。「応援歌(一歩下がってロックンロールに収録)と同じで、落ち込んでる時にこの曲を聴いたら、頑張ろうって思えるというか、一筋の光が射すような印象があります。

 

高木まひこ:今回のアルバムはウルフルケイスケ(ウルフルズ)さんにライナー(帯)をお願いしました。

そしたら「ロックンロールが何かっていうのを知りたかったら、このアルバムを聴けばいい。大事なのはカタチじゃなくてキモチ。」って書いてくれた。

リーゼントでスーツ着てジャーンっていうのももちろんロックンロールだけど、始発列車で、アコースティックギターでバラードを歌っても、シェキナはロックンロールだなっていう。


5.Follow me 作詞:高木まひこ 作曲:酒井ヒロキ

 

—Follow meは、ヒロキさんとのツインボーカル曲ですよね。ライブで観るのが楽しみです。

 

高木まひこ:これもヒロキとの共作曲です。

 

—プロポーズのことを歌っているのでしょうか?ストレートなラブソングですね。

 

高木まひこ:始発列車は恋愛がテーマで、Follow meは結婚がテーマです。

 

—始発列車の後にこの曲を入れているのは、何か意味があるのでしょうか?

 

高木まひこ:今回は曲順も時間をかけて考えました。

4曲めから5曲めはいい流れができてると思ってて。

カタルシス効果っていうか。

始発列車でじーんと来たあとに、フォローミーで癒されるというか。

 

—なるほど。

 

高木まひこ:この曲は伊東ミキオさんにオルガンをお願いしたんですけど、教会のあのオルガンをイメージさせてくれるような素敵な音を入れてくれました。

最高す。

今後の結婚式の、定番ソングになればと思ってます。

 


6.バンドマン 作詞・作曲:リクオ

 

—これはリクオさんの作詞作曲なんですよね。シェキナのために書かれた曲なんですか?

 

高木まひこ:そうです。

これはリクオさんが、シェキナのために書き下ろしてくれた曲です。

ある日リクオさんから夜中に電話があって、曲を作ってたらシェキナのことを歌った曲ができちゃったので、あげるからシェキナで歌ってくれって言ってくれて。

で、音源が送られてきて、それがこの曲。

 

—この曲は、ライブではずっと前からやってる印象があります。

 

高木まひこ:毎年リクオさんがやってるHOBO CONNECTIONっていうコラボレーションイベントがあって、大阪はシェキナが任せてもらっているんです。

4年前くらいからHOBO CONNECTIONでは一緒にセッションしてます。

 

—バンドマンは大好きなナンバーで、ライブでバンドマンやってくれたら、やったーって思います。

スポンサーリンク

 

 

高木まひこ:この曲は人気があるので、いろんな人に、アルバムにバンドマンが入ってて嬉しいって言ってもらえます。

みんながウキウキしてくれたらいいな。

 


めぐれるからのスペシャルプレゼント

ここまで読んでくださった方へ、感謝を込めて、「バンドマン」のライブ動画をプレゼント!

2018年12月28日のファンダンゴのライブを、めぐれるメンバーで撮影し、映像作家STUDIO DAY-PASSの牧野裕也が撮影編集してくれました。

なんと、前半はレアなまひこくんのラップが楽しめます〜。

 


 

後編はこちらから

 


高木まひことシェキナベイベーズホームページ


高木まひことシェキナベイベーズニューアルバム「S」特設サイト


高木まひことシェキナベイベーズTwitter


プロフィール

浪花が生んだ「ヨドガワサウンド」
大阪・十三を拠点に全国で活動する4人組バンド。2006年結成。高木まひこ(Vo)、酒井ヒロキ(Gt)、ミトモ(Ba)、ツルタハヤト(Dr)。Rock’n’Roll、Rockabilly、Blues、Soul、といったルーツミュージックを愛しつつも、軽快でPOP、斬新でシュール、何より言葉を大事にし、エンターテイメント性の高いライブパフォーマンスとVo高木まひこの唯一無二の独特な声は、聴く人の心をハッピーにする。メンバーチェンジなし、結成からずっと同じ4人でやってきた息の合ったライブは必見。
また、過去にはラジオへのレギュラー出演や、Jリーグチーム「セレッソ大阪」への楽曲提供&アンセム斉唱など、音楽の幅を広げて様々な活動をしている。昨年2016年に結成10周年を迎え、それを記念しての梅田クラブクアトロワンマンライブは大成功。現在までにフルアルバム3枚、オムニバス参加2枚、ライブDVD3枚をリリースし、来年1月には5年ぶり4枚目となる待望のニューアルバム「S」を全国発売。


高木まひこ特選ライブスケジュール

あまりにもライブが多いので、ピックアップしてもらいました。

すべてのライブスケジュールはこちらから確認していただけます。

 

●2018/2/12(月・祝)大阪ハウリンバー【シェキナパーティハウリンバー21thスペシャル2マン※50名限定ライブ】OPEN19:00/START20:00

w/The Blues One Nights

博多から!The Blues One Nightsをお招きしてのスペシャル2マンが決定!!!!見逃し厳禁!ビートに酔いしれる夜を(ライブの予約と詳細はこちらから

 

●2018/2/15(木)タワーレコード難波店 5Fイベントスペース【ミニライブ&サイン会 】20:00スタート 

タワーレコード難波店でインストアライブが決定!タワレコ限定特典シェキナ缶バッジをプレゼント!(ライブの予約と詳細はこちらから

 

●2018/2/18(日)高円寺JIROKICHI【4th NEW ALBUM「S」レコ発スペシャルワンマン!!!!〜シェキナがやって来る、S!S!S!〜】OPEN18:30/START19:30

special guest/伊東ミキオ(ライブの予約と詳細はこちらから

 

●2018/2/23(金)京都磔磔【4th NEW ALBUM「S」レコ発ツアー 2マンライブ】OPEN17:30/START18:30

w/片山ブレイカーズ&ザ☆ロケンローパーティ(ライブの予約と詳細はこちらから

 

●2018/2/24(土)岡山MO:GLA【「4th NEW ALBUM「S」レコ発ツアー!!!!」〜シェキナとリクオのシェイクイットハロー2マン〜】OPEN18:00/START18:30

w/リクオ(ライブの予約と詳細はこちらから

スポンサーリンク

About めぐれる 232 Articles
京都発!めくるめくめぐりあいフリーペーパー「めぐれる」による、webマガジンです。 京都の街と人と店と音楽と映画と美味しいものやもろもろが、あちこちでまぜこぜにめぐりあいます。