オマージュMV(ミュージックビデオ)、PV(プロモーションビデオ)を元ネタと見比べてみる

songreview
 

数日前に「マリリン7日間の恋」という映画を今更見ました。

で、本物のマリリンのかわいさを確認したくて、youtubeをうろうろしていて、そういやマドンナのあの曲は、この映画のオマージュだなぁ、そうだパクリオマージュしてるMVと元ネタを見比べてみようかなということで、知っている範囲で並べてみます。


 

 

その1.

元ネタ

アーティスト:マリリンモンロー

映画名:紳士は金髪がお好き

あーかわいい!超超超かわいい!

典型的な美人ではないし、何がかわいいのか説明できないけど、最高にかわいい!

声が低くて甘いところとかたまりません。

 

オマージュ

アーティスト:マドンナ

曲名:マテリアルガール

オマージュ&リスペクトしている作品、というか映画のパロディーPVですね。

舞台も衣装もそっくり。

すっかり忘れていましたが、マドンナは「現代のマリリンモンロー」「マリリンモンローの再来」みたいなキャッチコピーでデビューしたのでした。

マドンナのたゆまぬ努力によって、もう誰もマドンナのことを「マリリンモンローのモノマネ」とは言わないもんなぁ。

マリリンモンローはかわいいし、マドンナはかっこいい。


その2.

元ネタ

アーティスト:Weezer

曲名:Buddy Holly

これが元ネタなんですが、この元ネタ自体がバディホリーという50年代に活躍したミュージシャンへのオマージュなんですよね。

タイトルもそのままズバリ「Buddy Holly」ですし。

 

オマージュ

アーティスト:AIR

曲名:Today

私この曲がとても好きで、以前のソングリストでも登場しています。

セットも衣装もそっくりですね。

こちらもパクリパロディーに近いのかと。

多分車谷くんは、ウィーザーとバディホリー、ダブルミーニングのオマージュを捧げたのかしらと思っています。

 

おまけ

本家のバディ・ホリーの映像をどうぞ


その3.

元ネタ

アーティスト:エルビス・コステロ(エルヴィス・コステロ)

曲名:Pump It Up

Elvis Costello & The Attractionsのミュージックビデオ。

イギリスではパンクニューウェイブのアーティストとして70年代から活躍している著名なアーティストですが、90年代には日本ではコアな音楽好きさんだけが知っているアーティストという感じでした。

が、その後キムタクのドラマ主題歌に選ばれたりして日本でもそこそこみんな知ってるアーティストになりました。

コステロ日本躍進のきっかけになったんと違うかなぁと思っているのが、下で紹介するオマージュ作品です。

 

オマージュ

アーティスト:ミスターチルドレン

タイトル:シーソーゲーム~勇敢な恋の歌~

ミスチルとエルビスコステロ

スポンサーリンク

 

Mr.Childrenの桜井和寿は、1995年のシングル『シーソーゲーム 〜勇敢な恋の歌〜』では「コステロをパクった」と公言しており、敬意を込めてミュージック・ビデオでコステロの格好を真似ている。(Wikipediaより)。

ということで、PVの作りどころか衣装どころか、メガネどころか、内股具合やアクションに至るまでモノマネして、パロディー作品に仕上げているのがこちら。

このモノマネPVが日本でのコステロの知名度を上げることになりました。

youtubeでミュージックビデオが見つからなかったので、気になる方の為にニコニコ動画にリンクをしておきます(こちらも動画ではなく静止画)。
多分90年代ほどおおらかじゃないので、コステロ本人が許しても、風潮というか世間が許さないんでしょうね。

好きなMVだったのでお蔵入りになってしまうのはとても残念です。


その4.

元ネタ

アーティスト:ザ・ビートルズ

ライブ:ルーフトップコンサート(Don’t Let Me Down)

世界一有名なバンドビートルズによる、超有名な1969年1月30日のゲリラコンサート。

風が強いとことか、ジョンが女物のコート着てるとことか、予定調和じゃない感じがリアリティーがあってかっこいい。

もちろんライブも最高に素敵。

 

オマージュ

アーティスト:斉藤和義

曲名:ずっと好きだった

これぞ完コピ!

悪ノリと敬意が共存するオマージュ作品だと思います。

本当によくできています。

ここまでわかりやすく、丁寧に真似してくれたら、ビートルズファンも文句言わないと思います。

あと、ジョージ・ハリスンに扮している2丁拳銃のヘドロこと小堀が、超似ているので注目してほしいです。


その5.

元ネタ

映画:Mad Max 2(マッド・マックス2)

メルギブソン大好き!

メルギブソンってば、チャーミングだわあ。

マッドマックスよりかはリーサルウェポン派だったけど(リーサルウェポンはサントラをクラプトンが担当してるところもいいよね)。

マッドマックスシリーズ、ファーストは近未来設定ではなく現代劇だし、3はアクションというよりかはファンタジーなのでご注意を。

ちなみにティナターナーの綺麗な足が見たい人は3がオススメです。

 

オマージュ

アーティスト:三代目 J Soul Brothers

曲名:STORM RIDERS feat.SLASH

ちなみにマッドマックス2は「he Road Warrior」3は「Beyond Thunderdome」、怒りのデスロードは「Fury Road」。

「STORM RIDERS」という曲名が既にマッドマックスの副題っぽい。

HR/HM全盛期育ちのガンズ贔屓なもので、スラッシュがフィーチャーされているということを知りMVに登場してるかもしれないとチェックしたら、めっちゃマッドマックスでした(スラッシュは登場しなくて残念)。

マッド・マックス怒りのデスロード公開とほぼ同時期にリリースされ、吹き替え版の主役をEXILEのAKIRAが担当したことからも、意図的に寄せているんでしょうね。

それにしてもめちゃくちゃかっこいいMVです。

曲もかっこいいし、スラッシュのギターもいけてるので是非観て欲しいっす。


今日はここまで。

まだ、ネタはあるので近いうちに更新できたらいいな。

私の過去のソングレビュー一覧はこちらから〜

スポンサーリンク

About めぐれる 269 Articles
京都発!めくるめくめぐりあいフリーペーパー「めぐれる」による、webマガジンです。 京都の街と人と店と音楽と映画と美味しいものやもろもろが、あちこちでまぜこぜにめぐりあいます。