竹上久美子「きょうの、おみやげ」第3回~「Omiyage第一回-お野菜編-」を振り返る~

 
  • 「きょうの、おみやげ」とは・・?

京都在住の音楽家・竹上久美子(たけがみくみこ)が、赤裸々な文章と共に、毎月その季節に合った地元生まれの『おみやげ』を紹介するコーナー。

6月から定期開催するイベント「Omiyage」や、毎年開催している夏FES「これフェス」関連の出店ショップをはじめ、作り手の顔が見えるおすすめをご紹介。

コラムの最後には「音みやげ」として、お店で撮影した新曲動画も公開。

「京都人らしくない京都人が紹介する、ガイドブックには載っていないおみやげ」をテーマに、毎月更新予定です。

 

 

●第3回 ~企画イベント「Omiyage第一回~お野菜編~」を振り返る~

前回のコラムでお知らせした、音楽×おみやげがテーマの企画イベント、その名も「Omiyage」第一回が、6/3に無事に終了しました。

ご来場いただいた皆様、ありがとうございました!

今回は、高校時代の同級生が店主を務める西喜商店のお野菜とコラボ。野菜を使ったおいしいフードとおみやげ、ゲストのミズノミカさんの素敵なライブ・・

さらにお天気にも恵まれて、本当に良い一日になりました。センスの塊・浜ちゃんこと浜田淳氏が撮ってくれた良い感じの写真と共に、イベントを振り返っていきたいと思います。

 

 

今回のイベントを開催した場所は、京都市上京区・地下鉄今出川駅からすぐのSTAR EGGS

このカフェが入っているNESTビルは、1階にカフェと映像事務所、2~4階は総合エンタテイメントスクールNESTの事務所やスタジオがあって、日々スクールの生徒さん達がレッスンに訪れ、時には本格的にレコーディングしたり、事務所スペースでミーティングしたり・・

NEST(=巣)のネーミング通り、若きクリエイターの拠点となっている刺激的な場所です。

 

 

実は、私もNESTで音楽講師をしておりまして、時には娘の保育園のお迎えの帰りにSTAR EGGSで晩ごはんを食べることも。生活の軸になっている場所でもあります。

名物のタマゴサンドをはじめ、パスタやスイーツなどフードがどれも美味しく、コーヒーやビールの選び方、店内にある無垢素材のハンドメイド家具など、随所にこだわりを感じる、居心地の良いお店ですよ。

 

 

このコラムの初回で、“生活と、音楽活動とのバランス”についてジレンマを書いたわけですが、『無理なく活動していく』という2018年のテーマに沿ってイベント開催場所を考えた時に、一番しっくりくる場所であり、必ず『西喜商店の野菜を使っておいしいフードを提供してくれる』という確信を持てる場所。

それが、STAR EGGSでした。

 

 


STAR EGGSホームページ


 

そんな信頼の場所に、信頼の西喜商店を迎えて開催された、6月3日「Omiyage 第一回~お野菜編」

オープン時間の12時には、ぼちぼち人が集まり出し、厨房はフル稼働。

 

 

そしていよいよ13時。

ゲストアクトとして出演してくれたミズノミカちゃんのライブでイベントの幕が開きました。

 

 

ロンドン生まれ名古屋育ちのミカちゃんですが、2004年から10年間は京都で暮らしていて、コントラバスのやすとのふたりぐみ“みかとやす”としても活動していました。

その頃も、ソロになってからも何度か共演しているのですが、感性を大事にする人柄と、生き方の純粋さが音楽に現れていて、大好きなミュージシャンです。

2015 年からは名古屋で音楽と食を楽しむイベント「食堂ワニ」を企画していたり、暮らしや食を大切にしている人ということもあって、今回のテーマにぴったり!というのと、ちょうど今年の3月に1st solo album「あつめても」を発表したばかりということで、アルバムリリースツアー京都編になればいいな、との思いもあって出演をお願いしたのですが・・出ていただけて本当に良かったです。

会場の空気ともマッチした自然体のライブに、今の「ミズノミカ」がびっしり詰まっていました。

 


ミズノミカ ホームページ


ミズノミカ Instagram


 

ミカちゃんは、 machi bari mika(マチバリミーカ)として、ドローイング・刺繍などの作品も発表しているので、またいつか出店してもらうほうでもコラボしたいなぁというお話しました。

色んな形でのミカちゃんのアウトプット、今後も楽しみです!

 


マチバリミーカ Instagram


 

ミカちゃんのライブのあとは、この日のおみやげ「ズッキーニ」と「ヤングコーン」について、西喜商店の店長・トウマと二人で、色々トーク。ヤングコーンの調理方法なども詳しく話してくれて、めちゃめちゃタメになりました。

この日は、STAR EGGSの店長・中川隼人君がおみやげ野菜を使った特製キッシュを作ってお客さんに振舞ってくれたのですが、最高やった~!

ズッキーニもヤングコーンも普段なかなか買うことはないのですが、八百屋さんの確かな目利きで選ばれた旬の食材だけあって、間違いない美味しさ。

 

スポンサーリンク

 

 

 

そしてトークの後は休憩を挟み、最後にわたし、竹上久美子のライブ。

この日は、ギターコーラスにSIRMO STADのアベフミヒコ氏、チューバに立命館高校吹奏楽部の後輩でもある柴田紘亨氏を迎え、初となるドラムレスのトリオ編成で出演。

 

 

セットリスト

  1. 空気振動(弾き語り)
  2. エブリシングOK?
  3. グッバイガール
  4. しまうま
  5. 24H
  6. FESTIVAL
  7. 月は
  8. Yesterday’s Curry

 

エレキギターが入っている編成なので少しエモーショナルなアレンジもありつつ、ポップな曲では時折お客さんに楽器を渡して一緒に演奏してみたり、いつもよりもさらに「なんでもOK」なライブになりました(笑)

 

 

 

●「きょうの、音みやげ」

今回はイベント当日のライブ映像をお届け。最新アルバム「slow boat」収録曲の「しまうま」というローファイな曲ですが、初めてアルバム収録アレンジに近い形で演奏しました。

もともとはKimya DawsonやNico、エリオットスミスのイメージ・・「憂鬱な雨」って感じの気分で作ったのですが、意外と晴れの日に歌ってもしっくりくるな、と改めて思いました。

 

・撮影場所: STAR EGGS

・演奏曲:竹上久美子「しまうま」(Gt&Cho/アベフミヒコ 、Tuba/柴田紘亨)

 

●これからに向けて

音楽×おみやげがテーマの企画イベント「Omiyage」を開催しよう!と決めてから、開催場所、コラボする店舗などなど・・どうするか迷ったり、決まってからも準備が遅かったり、周りに迷惑をかけることもありましたが(色々すいません)、無事に第一回が無事に終わって何よりです。

まだまだ、「ここをもっとこうしたらよかった」という反省もありますが、とにかく今回、来てくれたお客さんが「すごくいいイベントでした!」と言って帰って行く姿が嬉しかったです。

おみやげの野菜に加えて、さらに野菜を購入して帰られるお客さんもいたり、「またSTAR EGGSに来ます」と言ってくれる人がいたり。

イベントをキッカケに、どんどん繋がりが拡がっていけばいいな、と思います。

そして!今回のイベントを手伝ってくれたスタッフチームで毎年開催している夏フェス「これフェス2018~なつやすみ~」も開催が近づいてきました。

チームワークの良さが、年々増しています。

 

 

今回関わってくれた西喜商店も「これフェス」に出店してくれますよ。おいしいものと、素敵なライブ。ワークショップや手作り市もあって、ご家族で楽しめる一日ですので、是非お越し下さいね。

 

『これフェス2018~なつやすみ~』

日程:2018年7月22日(日)

場所: 紫明会館(京都市) 

時間:open 12:30 start 13:00

料金:前売¥3,000 /当日¥3,500+1drink/小学生以下入場無料

出演:

・竹上久美子band set(Dr/senoo ricky、Gt&Cho/アベフミヒコ(SIRMO STAD)、Vn/あっちゃん(CAPRICE)、Tuba/柴田紘亨)

・Turntable Films

・原田茶飯事

・ツバクラメ星屑オーケストラ

・フライデイフライデー 

出店:

□□□ん家(food)

・カジタノオカシ(自然派お菓子)

・西喜商店(青果店)

・ハップヒントン洋物店(アクセサリー)

・アトリエゴタンダ(アクセサリー/ワークショップ)

・ひなげし(こども服)

and more!

 


『これフェス2018~なつやすみ~』公式ホームページ> 


 

 

竹上久美子band setは、6/3出演メンバーに加え、第一回「音みやげ」動画のゲストsenoo rickyさんがドラム、CAPRICEのあっちゃんがバイオリンに加わった、チェンバーオーケストラのような独特の編成で出演します。

現在新曲のレコーディング中なのですが、とってもいい感じなので、その空気感をライブでも濃密に出していきたいなーと準備中です!

ご予約は、ホームページの予約フォーム、または、各出演者・出店者からの取り置きも可能です。

 


『これフェス』チケット予約フォーム


 

●「おみやげ」を募集中

コラムでの特集またはイベント参加を希望するお店・商品・作品を募集中です。

「おすすめしたいおみやげ」であれば、店舗の有無や、自薦・他薦は問いません。

takegamikumiko@gmail.com まで、お気軽にご連絡下さい。

スポンサーリンク

About めぐれる 280 Articles
京都発!めくるめくめぐりあいフリーペーパー「めぐれる」による、webマガジンです。 京都の街と人と店と音楽と映画と美味しいものやもろもろが、あちこちでまぜこぜにめぐりあいます。