Relax,Enjoy Sound!! 第1回 斉藤慶司(ドラム) – 音楽スクール講師のオススメの音楽や自身のルーツミュージック

rens
 

京都市の音楽教室レンスミュージックスクールの「ドラム講師 斉藤慶司さん」に、音楽をはじめたきっかけや、好きな曲・影響を受けた曲を教えてもらいました。

 

音楽と、一生あそぶ。」をコンセプトに、2017年に誕生した音楽スクール、RenS(レンス)ミュージックスクール。

全く楽器を触ったことのない初心者の人、すでにバンドを始めている人、カラオケが上手くなりたい人、色んな人がいるけど、多分みんなが共通で思うのは

習うなら、趣味も合って優しく教えてくれる先生がいいっ!!

ってこと。

そんなわけで、レンスミュージックスクールに在籍する講師の先生たちに、聴いてきた音楽や楽器を始めたきっかけなどをインタビュー。

どんな先生がレッスンをしているのか、紹介していきます!!

 


じゃんけんで負けたのがドラムを始めるきっかけ

 

—ドラムをはじめたきっかけを教えてください

 

斉藤慶司:元々はBOΦWYの布袋寅泰さんに憧れて、エレキギターを始めました。

高校で軽音楽部に入って、やはり多いのはギタリスト。不足していたのがドラマーでした。

バンドを組む、となった時にギタリスト二人でじゃんけんをしたんです。

で、負けた方がドラムをやる、と。そのじゃんけんで負けたのがドラムを始めることになったきっかけです(笑)。

始めてみると、ギターを弾くよりも楽しくなってしまって、そのままドラムにのめりこみました。

初めはTHE YELLOW MONKEYやMR.BIG、Stray Catsとかのコピーをやってましたね。

 

—ああ、定番ですね。軽音楽部とかが学園祭でやりがちな。笑

 

斉藤慶司:高校の終わり頃に、お世話になってた学校の先生の影響でジャズとかに興味を持ち始めました。

それもあって、大学ではジャズ研に入部。他にロック系のサークルも掛け持ちでやってました。

とにかく大学時代はドラムばかりやってた。

多いときは10個くらいバンドを掛け持ちしてましたね。

 

—それはすごい。

 

斉藤慶司:それも、邦楽洋楽問わず、ジャンルもハードロックからジャズオーケストラまで、とにかく興味のあるものはひたすら演奏しました。

オリジナル曲を作って、ライブハウスで活動を始めたのも大学時代から。

当時「カブトガニ」というふざけた名前のバンドをやってました(笑)。

大学生の頃って、結構サークルの仲間たちがライブを見に来てくれたりして、意外と安定した集客があったんです。

それもあって、一時期はこのバンドでメジャーレーベルから契約の話とかもありました。

地元のテレビ番組の主題歌に選ばれたり、学生としては結構活発に活動していたと思います。

結局メジャーの話はメンバー内で意見が分かれて契約までいかなかったですけどね。

 

—それは残念ですね。

 

斉藤慶司:音楽で仕事っぽいことを始めさせてもらったのも大学時代からでした。

ジャズクラブで演奏したり、京都の祇園にあるバーで生演奏の仕事をしたり。

環境としては結構恵まれていたように思います。

ドラムの師匠(西代一博氏)に習い始めたのも大学生の時。

大学卒業後に、レッスンの仕事を師匠から初めてもらいました。

20代前半は、やらせてもらえる仕事はほぼ断らずに何でもやろうとしていたように思います。

それだけ必死だったんでしょうね。

 

—うんうん

 

斉藤慶司:レッスン、ジャズクラブでの演奏、ホテルのパーティー会場での演奏、シンガーさんのバックの演奏などなど。Roland社で電子オルガンのレッスンでのアンサンブルサポートをしていたのもこの時期でした。

T-SQUAREの則竹裕之さんのリハトラの仕事なんかもさせてもらいました。

その後、24歳の時にギターロックバンド、ワゴンズに加入します。

そこからの6年間はワゴンズに集中して活動しました。

 

—ワゴンズは京都のインディーズシーンで活躍してましたよね。

 

斉藤慶司:全国流通のアルバムを3枚リリースし、京都磔磔でマンスリーイベントを開催。

FM802主催のMINAMI WHEELやLIVE NEXTなどにも多数出演しました。

FM局や、テレビ局などのメディアに出演させてもらう機会も増えました。

 

ワゴンズ「ダーリン」MV

 

斉藤慶司:そんなワゴンズも2012年に活動休止。

 

—もうそんなになるんだ。

 

斉藤慶司:そこから様々なアーティストのサポート活動を再開します。

寺岡呼人氏などメジャーアーティトの他、関西在住のアーティストのサポートで大阪BIGCATや神戸芸術センター大ホールなど、大きめのキャパでのワンマンライブを多数経験します。

レギュラーとしてのサポートでは、京都のシンガーソングライター「井上ヤスオバーガー」氏のフルアルバムのレコーディング参加、ツアーでは竹原ピストル氏やウルフルケイスケ氏ら、様々なアーティストたちと共演。

 

—そうそうたる面々ですね

 

井上ヤスオバーガー「自転車乗りの唄」MV

斉藤慶司:HEY!SAY!JUMPや川畑要氏(CHEMISTRY)に楽曲提供しているシンガー「オカダユータ」氏のアルバムにも全曲参加。

Zepp Nambaで行われたYEN TOWN BANDツアーへのOA出演、FM802主催フェス「若草山フェスティバル」出演、高松での野外フェス「MONSTER BASH」出演など、数多くのステージを経験させてもらいました。

 

オカダユータ「ほほえみ~カタチのない贈り物~」MV

斉藤慶司:サポート活動を続ける中、2013年に「片山ブレイカーズ&ザ☆ロケンローパーティ」にメンバーとして参加。

このバンドでは数多くのステージを経験させてもらっています。

 

—ワゴンズが活動休止した翌年ですね。

 

斉藤慶司:加入後すぐに発売されたアルバムのリリースツアーでは全国20箇所以上のロングツアーを行い、京都磔磔では7日間連続イベント「よいよい七日祭」を開催。COMIN‘ KOBE、見放題、MINAMI WHEEL等々、フェスにも多数出演。

2017年には京都KBSホールで主催フェス「モンスタールネッサンス」を開催しました。

 

—KBSホールでフェスを主催するってすごいですね

 

斉藤慶司:また、FM京都でレギュラー番組「BREAKERS NIGHT」を担当させてもらい、現在も「BREAK ON THROUGH」という番組に形を変えて続いています。

 

片山ブレイカーズ&ザ☆ロケンローパーティ「モンスタールネッサンス」MV

斉藤慶司:近年では、世界的なパーカッション奏者、ヤヒロトモヒロ氏とのレコーディングに参加するなど、ありがたいことに活動の幅は年々拡がっています。

現在は、片山ブレイカーズでの活動を中心に、様々なアーティストのサポート活動をしつつ、レッスンにも力を入れさせてもらっています。

 


ドラムはやればやるほど魅力が増してくる

 

—斉藤さんにとって、ドラムをプレイすることの魅力、醍醐味って何ですか?

 

斉藤慶司:やはりバンドの屋台骨、という点でしょうか。

それこそ高校時代に初めてドラムでステージに立った時、観ているお客さんたちが身体を揺らして聴いてくれていたんです。

そのリズムを叩き出しているのが自分自身、ということに感動したのを覚えています。

また、やればやるほどその魅力が増してきています。

もちろんドラムはリズムを叩くことが基本にあるけれども、表現できる幅が沢山あるんです。

歌うように叩くこともできるし、様々な音色で色んな景色を演出することもできる。

打楽器というものはすごく昔からある楽器だけれども、ドラムセットという形になってからは実はそれほど年月が経っていません。

そういった意味でも、本当に可能性を沢山秘めた楽器だと思います。

 


楽しみながら練習すれば、上達も早くなる

 

—生徒さんとのレッスンで心がけてることや、モットーとかってありますか?

 

斉藤慶司:楽しんで通いながら、しっかり上達してもらうことを第一に考えています。

スポンサーリンク

 

人によって、望んでいるものは違いますよね。曲を沢山やりたい方もいれば、とにかく基礎練習をしてテクニックを磨きたい方もいる。

基本的には生徒さんの要望に応えるのが大切とは考えていますが「要望に応えること」「上達のヒントをしっかりと伝えること」そのバランスに注意しています。

今この人は何を楽しいと思ってもらえるのか?を見極めながら、どうやったら楽しみながら練習してもらえるか、を常に意識してレッスンしています。

楽しみながら練習すれば、上達も早くなると思います!

 


斉藤慶司さんが選ぶ10代の頃に好きだった5曲

BOΦWY「B・BLUE」

初めてギターでコピーした曲。BOΦWYにハマるきっかけになった曲でした。

ボーカルのメロディとギターのフレーズの絡みは秀逸だと思います。

 

スピッツ「ハチミツ」

中学時代におそらく一番聴いたアルバムの表題曲。

4分の2拍子の使い方が、今聴いても凄い。

あと、やっぱりドラムの崎山さんは素晴らしいです。

エンディングに向かうドラムのフレーズは歌心満載。

 

尾崎豊「僕が僕であるために」

精神的な意味ですごく影響を受けた曲。

ライブ映像で声を枯らしながら歌う様に感動したことを覚えています。

未だに聴くと切ない気持ちになります。

 

The Beatles「The Long And Winding Road」

やっぱりビートルズは聴きました。

好きな曲はいっぱいあったけど、何か一曲選べ、と言われればこの曲でしょうか。

 

The Rolling Stones「Brown Sugar」

幸運なことに、中学時代にストーンズのライブを見に行く機会に恵まれました。

その時の衝撃といったら凄かったです。

世界的ロックミュージシャンの持つオーラ、雰囲気、全てに飲み込まれました。

 


斉藤慶司さんが選ぶ20代の頃に好きだった5曲

Jaco Pastorius「The Chicken」

セッションで嫌という程やった曲。

このバージョンを一番聴きました。

一聴してそれとわかるJacoの出音、そして一緒にグルーヴを作るPeter Erskineのドラムが最高です。

 

Donny Hathaway「What’s Goin’ On」

こちらもセッションで沢山やった曲。

原曲はMarvin Gayeですが、個人的にはこのバージョンの方が好きでした。

エンドソロ、格好いいです。

 

Aretha Franklin「Love The One You’re With」

ソウルミュージックにハマった時期、おそらく一番聴いたのがArethaの「Live At Fillmore West」。

その中でBernard Purdieのドラムをしっかりコピーしたのがこの曲でした。

圧巻の一言。

 

GOING UNDER GROUND「同じ月を見てた」

ワゴンズの機材車で移動中に、いつも聴いていた曲。

河野丈洋さんの歌に寄り添ったドラムが好きでした。

ちなみに人柄も最高!

 


斉藤慶司さんが選ぶ最近のお気に入り5曲

Primal Scream「ROCKS」

最近、というよりも昔から変わらず聴き続けている曲。

何か作業をする時、テンションを上げたい時、必ずかけてしまう。

僕の中で色褪せません。

 

David Bowie「Blackstar」

Bowieの遺作となったこの作品、曲ももちろん格好いいのですが、個人的には参加ドラマーのMark Guilianaにやられました。

ジャズを基盤としたロックドラムのアプローチが最高に良い。

 

The White Stripes「The Denial Twist」

もともとレッスンの中で生徒さんが演奏したいといったのがきっかけ。実は家のCDラックにあったのを忘れていて、聴き直したら格好良かった。

何故買った時にあまり聴かずにいたのかを後悔しました(笑)。

 

石崎ひゅーい「花瓶の花」

最近単純にめっちゃ好きな曲。

素直な歌詞とメロディ、これからのウェディングソングの定番にならないかなぁ。

MVの出演者の演技にも惚れ惚れします。

 

 


ドラムの無料体験レッスン開催中。詳しくはホームページをご確認ください

 

RenS(レンス) ミュージックスクール -京都・大阪で一番身近な音楽教室


斉藤慶司さんに関連するリンクこちら

「片山ブレイカーズ&ザ☆ロケンローパーティ」公式サイト

斉藤慶司 Twitter

斉藤慶司ブログ


 

スポンサーリンク

About めぐれる 280 Articles
京都発!めくるめくめぐりあいフリーペーパー「めぐれる」による、webマガジンです。 京都の街と人と店と音楽と映画と美味しいものやもろもろが、あちこちでまぜこぜにめぐりあいます。