京都の鬼才「宇治茶」の新作映画「バイオレンス・ボイジャー」が京都国際映画祭での上映決定!

ニュース
 

前作の映画「燃える仏像人間」で、局所的に話題沸騰した映像作家「宇治茶」が監督した新作映画、「バイオレンス・ボイジャー」が完成。

2018年10月13日の京都国際映画祭にて日本初上映が決定しました。

悠木碧、田中直樹(ココリコ)、高橋茂雄(サバンナ)、小野大輔、藤田咲、田口トモロヲなどの豪華キャスト。

ブエノスアイレス国際インディペンデント映画祭 2018「インターナショナル・コンペティション部門 審査員特別賞受賞」を受賞するなど、世界が宇治茶に気づきはじめてる!?

要チェックです。

■10月13日(土)よしもと祇園花月にて
■開場18時30分/開演18時50分~
■前売り1000円/当日1200円
■26日に前売券発売予定

スポンサーリンク

 

バイオレンス・ボイジャー 公式ホームページ


トレイラーがないので、前作のyoutube貼り付けておきます。

宇治茶の作品は、超かっこいいよ!

あと、宇治茶監督はすらっと長身で、もち肌のハンサムボーイなので、そこも注目して欲しい。

スポンサーリンク

About めぐれる 285 Articles
京都発!めくるめくめぐりあいフリーペーパー「めぐれる」による、webマガジンです。 京都の街と人と店と音楽と映画と美味しいものやもろもろが、あちこちでまぜこぜにめぐりあいます。