竹上久美子「きょうの、おみやげ」第5回~「たま茶」のオリジナルブレンド・ハーブティー~

 

●「きょうの、おみやげ」とは・・?

京都在住の音楽家・竹上久美子(たけがみくみこ)が、赤裸々な文章と共に、毎月その季節に合った『おみやげ』を紹介するコーナー。

定期開催中のイベント「Omiyage」や、毎年開催している夏FES「これフェス」関連の出店ショップをはじめ、作り手の顔が見えるおすすめをご紹介。

コラムの最後には「音みやげ」として、お店と一緒にコンセプトを共有して制作した新曲動画も公開。

「京都人らしくない京都人が紹介する、ガイドブックには載っていないおみやげ」をテーマに、毎月更新予定です。

 

●第5回~「たま茶」のオリジナルブレンド・ハーブティー~

今回はいきなり謝罪から。

7月まで毎月コンスタントに更新していた当コラムですが、8月~9月は理由があってお休みしておりました。お店の取材自体は結構前に実施していたので、ご協力頂いた方々は、「いつ記事になるねん」と、さぞ不安を抱いておられたことでしょう・・本当にすみません。

少し振り返ると、前回のコラムで、「お店のCM動画を作る」というテーマに各方面から好評をいただき、めぐれるスタッフ陣にも「これ、めっちゃおもろいやん!」と言われ、勢いづいてどんどん次の取材先を決め、曲のモチーフも書いていたこの夏。

好評頂いた前回動画「ハップヒントン洋物店CM」

いざ撮影スケジュールを調整しようとしたところ・・

諸事情で映像の撮影が難しい状況に!

その詳細についてはまた追々書くとしますが、「これからどうする?」というミーティングの際、私の脳内には2つの選択肢が浮上していました。

①撮影可能な環境が作れるまでお休みする

②映像抜きで書き進める

昔の自分であれば、性格的に白黒パシッと決断を下しているところですが、最近は「グレーゾーンの必要性」を嫌ほど実感しているので、結論としては、①の環境づくりを進めつつ、枠組みが安定するまでは②を継続していこう、という折衷案になりました。

なので今回はCM動画はナシですが、何処かのタイミングで曲は公開したいなと思っています。

 

●お店について

さて!本題に入りますが。

今回ご紹介する『たま茶』は、京都西陣(上長者町智恵光院のあたり)にある、お茶とアートのお店。

気さくなご主人・西山さんと、センス抜群の奥様、珠日(たまひ)さんご夫婦で営まれています。

珠日さんのお名前は『たま茶』という店名の由来でもあるそうですが、素敵なお名前ですよね。

ご夫婦の持つ独特のやわらかな雰囲気がお店の佇まいにもあらわれていました。

 

 

2011年に各地のイベントなど出店からスタートし、もともとは布団屋さんだった築80年以上の町家造りを、一度柱だけの状態まで解体してから、丁寧に2年かけて手作りで改装。

2013年8月にオープンされたお店です。

 

 

近くには長者湯という趣ある銭湯があって、私が2015年に長者湯でライブイベントを開催した時に、ハーブティーの出店でご協力いただいたのが最初のご縁でした。

 

オリジナルブレンドハーブティーの量売を中心に、お客さんの希望にあわせたカスタムオーダーをすることもできます(要予約)。

また、喫茶スペースも併設していて、ゆっくり過ごすことができます。

 

スポンサーリンク

 

 

今回は、『妊娠中の友人へのおみやげ用』と、『自分の母親へのプレゼント用』というテーマで、ブレンドをチョイスしていただくことに。

試飲をしながらぴったりの茶葉を見つけられるので納得して選べるところが良いし、茶葉の説明カードなどもわかりやすくて勉強になりました。

試飲では、どれもおいしくて、めぐれるカメラマンのキョウさんと二人、がぶがぶ飲んでしまいました(笑)

 

 

予算に合わせてラッピングなども希望に沿って下さるので、何だか花屋さんで花束をオーダーしている時のワクワク感にも似ているかも。

そのことをお店の方に伝えると、「花もお茶も植物だし、似ているところはあるかも」とおっしゃっていました。

記念日にお花やケーキのプレゼントもうれしいけど、ハーブティーは日持ちするし、体にもいいし、老若男女に対応できるおみやげだと思います。

 

店内には、茶葉の他に、珠日さんが製作されている吹きガラスのアクセサリー販売などもあって、遠方から探し求めて来られる熱心な方もおられるそうです。

後日、選んだハーブティーをプレゼントした二人は、とても喜んでくれました。

アイスでもホットでもいけるので、長く楽しんでもらえそうです。

たまたま取材させてもらった時期は、色んな仕事のタイミングがかみ合わない時期で、決まりかけていたイベントが白紙になったり、このコラムの映像の件もそうだし、「少し環境を見直そうかな」という時だったのですが、何だかすごくココロに染みる一日でした。

人の生き方、お店の在り方。それがそのまま商品やサービスにあらわれる。

作りたいもの、やりたいこと・・・私もまだまだ色々思うところはありますが、形だけ取り繕った商品やサービスを提供するのではなく、時間がかかってもいいから納得できる『モノづくり』を心がけて行きたい、と改めて思うのでした。


「たま茶」ホームページ


「たま茶」インスタグラム


「きょうの、音みやげ」は、しばし次の展開を模索中のため、お休みします。

●竹上久美子live情報

・10/19(金)
「道見舞美の秋休みツアーファイナル 」
会場 京都 nano
時間 open 18:30/start 19:00
料金 前売り¥1500/当日¥1800
出演
・ 道見舞美
・イトカムトビコ
・竹上久美子×アベフミヒコ
and more

予約は公式サイト(takegamikumiko.com/)にて。


竹上久美子ホームページ


 

スポンサーリンク

About めぐれる 285 Articles
京都発!めくるめくめぐりあいフリーペーパー「めぐれる」による、webマガジンです。 京都の街と人と店と音楽と映画と美味しいものやもろもろが、あちこちでまぜこぜにめぐりあいます。